新着商品をメルマガでチェック!

製品詳細

椅子  

エジンバラ ヌメ革の質感を活かした天然木 チェア(MF-019)

69,300(税込)

税抜価格:63,000

数量選択
お気に入りに登録する

在庫あり/あと1個

この商品について問い合わせる

明るいトーンのブラウンで統一したナチュラルな仕上げ
英国のジャコビアン様式をモチーフに、マルニ木工が1967年(昭和42年)に発表した洋風家具シリーズ「エジンバラ」。こちらはダイニングチェアとしてテーブルとともに使用され、家具の洋風化が進んだ当時の家庭において憧れの的となった椅子です。今回はヌメ革の座面張り替えと、ナラの木そのもの色を生かした修理を施し、革と木のナチュラルカラーが楽しめるリノベーションとなりました。使い続けるうちに木部には使用感が表れ、ヌメ革は色が濃く「育って」いきます。表情の変化を味わいながら、ともに年月を歩んでいける椅子なのです。

木工家具のクラシックな意匠を追求。マルニが誇る技術の集積
エジンバラの特徴はシリーズ共通の意匠である螺旋状に削られた「らせん柱」。その量産化にはマルニ木工の技術が集約されています。脚部分の太い木材をらせん状に削ることは非常に難しく、試行錯誤の末に金属加工用の鉄工旋盤を用いて解決したという逸話が残っています。そのらせん柱を前脚と背に二本ずつ配し、脚や貫、擬宝珠の部分に四角と球体を組み合わせたデザインを施すことで、クラシカルな雰囲気を高めているのもポイントです。

国内屈指のタンナーが放つ美しいヌメ革を愛でる
接合部のチェックと補強をしました。木部の塗装を剥がし、その後マットクリア塗装を施すことで、木の色がやや沈んでマットな美しさを放つ「濡れ色」と呼ばれる状態にしています。ベジタブルタンニンによるなめしで塗装を施さないヌメ革は、兵庫県のタンナーによるもの。素材への負担が少なく、きれいに経年変化する「ピット製法」でなめしを行うタンナーは国内でも稀で、そのクオリティの高さからマルニコレクションのHIROSHIMA アームチェアでも採用しています。また今回は浅草の革小物メーカー、三竹産業の協力でヌメ革を部分的に薄くすいて、玉縁で仕上げました。普段のヌメ革ではできないエクスクルーシブな座面仕上げです。
製品の主材・仕上げ
主材:ナラ/塗色:剥がし、マットクリア塗装/塗装:無着色艶なし ウレタン塗装/張り材:ヌメ革
ご注意
※保証期間は1年保証となります。
※リノベーション製品のため、写真では見えない傷や汚れがある可能性がございます。
※1点ものとなりますため、イメージ違いなどによる返品、キャンセルはお受けできません。
その他仕様
主材・仕上げ ナラ/剥がし、マットクリア塗装/無着色艶なし ウレタン塗装
寸法 W470×D450×H1030mm
重量 11 kg
主材 ナラ
塗色 剥がし、マットクリア塗装
塗装 無着色艶なし ウレタン塗装
保証期間 1年保証
製造納期 最短2週間以内に出荷
販売価格 69,300円(税込)
送料 送料個別 5,500円 ※離島のみ18,700円
デザイナー マルニ木工

最近チェックしたアイテムCHECKED ITEM

×

エジンバラ ヌメ革の質感を活かした天然木 チェア(MF-019)