製品詳細

椅子  1970年代(推定)

ショパン アームチェア(MF-004)

297,000(税込)

税抜価格:270,000

数量選択
お気に入りに登録する

在庫あり/あと1個

この商品について問い合わせる

  • システム商品コード
    :000000000011
  • 独自商品コード
    :MF-004
  • 製造元
    :マルニ木工
  • 原産地
    :日本(広島)

現代のエッセンスを加えて生まれ変わった、美しいラインの「ショパン」

「ショパン」は1971年に発売したマルニ木工のシリーズです。その最大の特徴は、カリン材を曲げ加工していること。それは、創業者の山中武夫が「カリン材のような硬い木を曲げることなんてできるわけない」という言葉を耳にしたことに端を発します。負けず嫌いの山中は意地でも曲げることを決意し、高度な職人技術でこれを実現。このフレームをベースに、当時の塗装を剥がしてKvadrat(クヴァドラ)のファブリックを張ることで、まるで北欧家具のようなたたずまいに生まれ変わりました。

マルニ木工が誇る技術を駆使し、細くて硬いカリンの曲げ木を実現した
ショパンはなんといってもこの非常に細いラインが特徴です。カリンの強度を生かしたシンプルで美しいデザインと優れた機能性は、当時の家具の中でも異彩を放っていました。現在カリンは超高級木材になってしまったため、このようなプロダクトが新作で生まれることはほとんどありません。木の特性上、長年愛用してもフレームのダメージが少なく、子や孫の世代にも受け継いでいけるシリーズです。

木目を生かした深みのある塗装とデンマークの張布で、まるで北欧家具に姿を変えた
ぐらつきの修理を施しています。フレームはもともとダークカラーの塗装でしたが、これを剥がして木目を生かしたクリア塗装に。そして座面と背張に、デンマークはクヴァドラのファブリック「Hallingdal」(ハリンダル)を張ることでイメージを一新。50年前の椅子とは思えない現代的な姿に生まれ変わりました。
 
二度とお目にかかれない(?)、貴重なカリン材を使用
ショパン アームチェアの主材カリンの詳細
カリンは美しい木目を持つ「唐木」のひとつで、一般的には東南アジアからの輸入に頼っています。ショパン登場時から高級木でしたが、その後カリンは通常の家具には使えないほどに価格が高騰してしまい、幻の木材となりました。
ショパン アームチェアの主材カリンの詳細
ショパンのアームチェアは、当時のカリン材をそのまま生かし、貴重な木材を現代の生活に溶け込ませるリノベーションを施しています。こちらは当時の塗装をすべて剥がしてクリア塗装をすることで、カリンならではの木目と、やや赤みがかったカラーを際立たせたモデルとなります。
ショパン アームチェアの主材カリンの詳細
カリンは非常に硬い木材ですが、マルニ木工創業者の山中武夫がプライドをかけて曲木加工を実現。その硬さのおかげで少々こすっただけでは傷がつきにくく、抜群の耐久性を誇ります。もう手に入らないと言っても過言ではないカリンを使用した貴重な椅子をこの機会にご検討ください。
製品の主材・仕上げ
主材:カリン・ソロモンマホガニー(前後繋ぎ部分のみ)/塗色:マットクリア/塗装:ウレタン樹種塗装
カリン(花梨)は、非常に硬く丈夫という特徴を持ちます。とても木肌の美しい表面を持ち、綺麗な光沢が出る木材で、赤みが強く高級家具などに使用されます。
ソロモンマホガニーは、比重も重く硬い材のため、強度が高く、吸湿性と収縮性が少ないため狂いにくく家具に非常に適している材です。削った面が緻密で木肌に少し赤みがあり、つやを持っているため高級家具用材として最適です。
ご注意
※保証期間は1年保証となります。
※リノベーション製品のため、写真では見えない傷や汚れがある可能性がございます。
※1点ものとなりますため、イメージ違いなどによる返品、キャンセルはお受けできません。
その他仕様
主材・仕上げ カリン・ソロモンマホガニー(前後繋ぎ部分のみ)/マットクリア/ウレタン樹種塗装
寸法 W580×D595×H830×SH440mm
重量 7.8 kg
主材 カリン・ソロモンマホガニー(前後繋ぎ部分のみ)
塗色 マットクリア
塗装 ウレタン樹脂塗装
保証期間 1年保証
製造納期 最短2週間以内に出荷
販売価格 297,000円(税込)
送料 送料個別 4,400円 ※離島のみ8,800円
デザイナー マルニ木工

最近チェックしたアイテムCHECKED ITEM

×

ショパン アームチェア(MF-004)